社会保険新規適用

社会保険の新規適用

社会保険とは。

健康保険ならびに厚生年金保険をいいます。

一般的に会社に雇用される労働者に適用される社会保険は、医療保険としての健康保険、年金保険としての厚生年金保険となります。その他、大手企業などが運営する、組合健康保険、公務員などの共済保険、船員保険などがあります。

5人以上の労働者を雇用する個人およびすべの法人事業所に加入義務があります。

強制適用事業所

法人企業ならびに常時5人以上雇用する個人事業所は、強制適用事業所をされ、社会保険に加入する義務があります。これは法律で定められており、事業主の意思、あるいは従業員の意思に関係なく加入しなければなりません。

社会保険の保険料は、各医療保険、年金保険によって定められており、標準報酬をもとにして算出されます。また各月に係る保険料は、事業主と労働者が折半で支払う義務があります。

任意適用事業所

強制適用事業所i以外の事業所で、社会保険事務所長等の認可を受けて、社会保険の適用となった事業所のことです。半数以上の労働者が、適用事業所となることに同意して、申請して認可を受けると、適用事業所になります。


 

社会保険の新規適用届を代行いたします。

御社の社会保険の適用事業関係の届出を代行いたします。各種届出に関するご相談、社会保険料の削減に関するお問い合わせなど、受付しております。

お申し込み・お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから
お問い合わせはこちらから